戻る


 iperf

使い方(コマンド):
 iperf [-s|-c host] [オプション]

[-s|-c host]
 -s          サーバモードで起動
 -c host   クライアントモードで起動し、hostで指定したアドレスに接続

[オプション(主要なもののみ)]
 -i interval         intervalで指定した秒ごとに結果を表示(デフォルトは10秒後の1回のみ)
 -l len               read、writeするときのバッファ長をバイトで指定(デフォルトはTCP:8KB、UDP:1470B)
 -p port            サーバ側の待受けポートを指定(デフォルトは5001)、クライアントモードではサーバのポート番号を指定
 -u                   UDPモードで動作させる(デフォルトはTCPモード)
 -w window        ウィンドウサイズをで指定する
 -D                  サービス(windows)やデーモン(linux)として登録 ※サーバモードのみ
 -R                  サービスやデーモンの登録解除 ※サーバモードのみ
 -b bandwidth    送信するUDPの帯域をbpsで指定する(デフォルトは1Mbps) ※クライアントモードのみ
 -t time            timeで指定した秒数の間送受信します ※クライアントモードのみ

使用例1:(通常利用)
 サーバ側
   iperf -s
 クライアント側
   iperf -c 192.168.0.1

使用例2:(指定した帯域幅のトラフィックを送信)
 サーバ側
   iperf -s -u
 クライアント側(10Mbpsのトラフィックを送信)
   iperf -c 192.168.0.1 -u -b 10000000

使用例3:(ポート番号による帯域制御の動作確認等に使えます)
 サーバ側(二重起動)
   iperf -s -p 2000 -l 64000 -w 16000
   iperf -s -p 3000 -l 64000 -w 16000
 クライアントA側
   iperf -c 192.168.0.1 -p 2000 -l 64000 -w 16000 -t 20
 クライアントB側
   iperf -c 192.168.0.1 -p 3000 -l 64000 -w 16000 -t 20