戻る

Japanized UTF-8 Tera Term Pro

マクロサンプル:
Cisco機器(オレンジ文字は、環境に合わせて変更)
connect 'x.x.x.x'  ←対象機器のIPアドレス

; ログイン  ←コメント
wait 'Password: '
sendln '*******'  ←ログインパスワード

wait 'sw001>'  ←装置名が表示されるまで待つ
sendln 'terminal length 0'  ←1画面ごとの停止を解除
wait 'sw001>'
sendln 'enable'
wait 'Password: '
sendln '*******'
wait 'sw001#'
logopen 'c:¥log.txt' 0 0  ←保存するファイル名
sendln 'show interfaces'
wait 'sw001#'
sendln 'show ip route'
wait 'sw001#'
sendln 'show logging'
wait 'sw001#'
sendln 'show tech-support'
wait 'sw001#'
logclose

sendln 'exit'  ←ログアウト
■主要なマクロコマンド
○connect 機器に接続
 形式:connect <command line parameters>
  例:[telnet接続]connect '192.168.0.1:23 /nossh'
    [SSH1接続]connect '192.168.0.1 /ssh /1'
    [SSH2接続]connect '192.168.0.1 /ssh /2'
    [COMポート接続]connect '/C=x' ←xにCOMポート番号を入れる

○logopen ログを書き込むファイルを指定
 形式:logopen <filename> <binary flag> <append flag>
  例:[c:¥にsw001.logを作成]logopen 'c:¥sw001.log' 0 0
    [c:¥にあるsw001.logに追記]logopen 'c:¥sw001.log' 0 1

○logclose ログを閉じる
 形式:logclose

○logpause 一時的にログの採取を中断
 形式:logpause

○logstart 中断していたログの採取を再開
 形式:logstart

○logwrite ログにコメントを書き込む
 形式:logwrite <string>
  例:[ログにコメントを入れる]logwrite "SW001のログ"

○sendfile ファイルを送信
 形式:sendfile <filename> <binary flag>
  例:[sw001.cfgを送信]sendfile 'sw001.cfg' 1

○sendkcode キーコードを送信
 形式:sendkcode <key code> <repeat count>
  例:[↓キーを3回押す]sendkcode 336 3 ←336は下矢印キーのキーコード
 ※キーコードはteratermフォルダ内のkeycode.exeで調べられます

○sendln 文字列を送信
 形式:sendln <data1> <data2>....
  例:[ログ取得コマンドを実行]sendln 'show logging'
    [改行文字を送信]sendln
    [スペースを送信]sendln ' '

○wait 指定した文字列が表示されるまで待機
 形式:wait <string1> <string2>
  例:[show ip routeが終わるまで待機]sendln 'show ip route'
                     wait 'sw001>'